HOMEブログWordPressTinyMCE WordPress初心者は絶対に入れて損は無いプラグイン紹介 その1

TinyMCE WordPress初心者は絶対に入れて損は無いプラグイン紹介 その1

投稿日:2014年01月21日

WordPressを導入したら必ず入れてほしいプラグインがあります。 それはビジュアルエディタ(入力支援プラグイン)です。ブログを書く時・修正する時に必ず使用する入力関係の手助けをしてくれる、プラグインです。

TinyMCE WordPress初心者は絶対に入れて損は無いプラグイン紹介 その1

今回は【TinyMCE】と言うプラグインです。
無料ブログ系でも利用されている、有名なビジュアルエディタプラグインです。

デフォルト画面

ご覧の様に、デフォルトの入力画面では、なんとなく入力しづらそうですよね。
そこで、ビジュアルエディタプラグインの出番です。

実は今回紹介するTinyMCE、数種類出廻っています。

つまり、複数のTinyMCEが存在します。
元々オープンソースで作れたらTinyMCEは他のプログラマー達によって改造され、再配布されています。
ですので、複数のTinyMCEが存在します。

基本的に入力操作そのモノは、どれを選んでも一緒です。
違いがあるのは、設定画面での設定方法と、日本語に対応しているかくらいの差です。

2014年1月現在でのTinyMCEプラグイン2種類を紹介します。

日本語対応で設定操作も安心かも?

Ultimate TinyMCE お勧め度★★★☆☆

Ultimate TinyMCE

ご覧の様に、ビジュアルエディタの画面はボタンの配列がずいぶん違うのが解るかと思います。

Ultimate TinyMCEは、日本語に対応してるので、インストールすれば、設定画面は日本語で表示されます。

Ultimate TinyMCE

Ultimate TinyMCEの設定は、画面左のメニューバー下に項目として【Ultimate TinyMCE】が表示されているので、解りやすいかと思います。

設定方法は、各アイコンを何処のRow(段落)に入れるかと言う内容です。

Ultimate TinyMCE

このように、表示させたいボタンつまり、自分が使いたいボタンにチェックを入れて、何処の段(Row)に表示させるかを決定します。

ちなみに、このUltimate TinyMCEは表示させるRowは選べますが、横方向の順番は変更出来ません。 つまり、横方向へのアイコンの移動は出来ない…… と言う事です。
横方向の順番は、リストの上にあるアイコンから自動的に左に設定されて行きます。
(無料版では強制的に行われます)

実は有料版もあり、そちらは非常に高機能になっているようで、おそらくアイコンの移動も可能だと思います。(有料版の情報は未確認です。)

 

評価 あくまで個人的なモノです

日本語に対応はしているけど、若干自由度が低い?かな…… と思わせるプラグインです。

 

 

英語だけど直感で簡単設定

TinyMCE Advanced お勧め度★★★★☆

TinyMCE Advanced

日本語非対応ですが、無料でここまでの機能ならば、文句なしです。

Ultimate TinyMCEは日本語で表示されているので、一見使いやす印象を受けますが、使ってみるとちょっと残念な印象を受けます。
しかし、こちらのTinyMCE Advancedは、逆にシンプルすぎて、不安だけど機能は満載? と言うか、実際に使ってみると意外に使いやすいです。

設定画面は、左メニュー【設定】→下部に【TinyMCE Advanced】と表示されているはずです。

TinyMCE Advanced

メニューの表に出ていないので、最初は戸惑う事もあるかも知れませんが、一覧に表示されていない(メニュー下部)場合は、大抵【設定】欄に追加されているはずですので、確認してください。

TinyMCE Advanced

一見すると、よく解らないですが、上部に有るのが表示させるRowつまり表示バーです。
下にあるのはまだ使われていないアイコン達。 このアイコンをマウスでつかんでドラッグ&ドロップすれば、作業は完了。 しかもバーに置いたアイコンも簡単に移動出来るので、直感的操作で設定は非常に楽です。

 

評価 あくまで個人的なモノです

英語表記のみなので、戸惑うかもしれませんが、シンプルな設定画面なので、逆に使いやすい。

今回はビックメジャーと言われる【TinyMCE】を紹介しましたが、この他にも

Front-end Editor
CKEditor

と言ったビジュアルエディタプラグインがありますので、それらも試してみるのも面白いでしょう。

いずれにしても、ビジュアルエディタはWordPressを使う上で必ず使うので、入力環境はしっかりしておいた方がいいと思います。

 

こうしたプラグインに関するご相談・あるいはプラグインの改造なども行なっております。
ご相談・お問い合わせは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはお気軽に

この記事が面白いと思ったら、下のボタンをお願いします。

御社にとってのホームページとは何ですか。

横浜でホームページ製作を始めて、10年以上が経ちます。ホームページ制作会社は、横浜にも数多くありますので、私の様な個人で仕事をしている者へのお仕事依頼はなかなかありませんが、ご相談頂ければ、フットワークの良さと、フレンドリーで身近にお役にたつようなお仕事を心がけております。

ホームページ製作はもちろんのこと、DM製作やパンフレット等の紙媒体の製作も行なっております。

最近は、CMS(主にWordPress・modx)によるホームページ制作を主に行なっております。

直接お話をお伺い出来るエリアは、横浜市内および、横浜近郊の神奈川県。東京都23区の一部とさせて頂いておりますが、エリア外でも対応が可能ですので、まずは、お気軽にご連絡ください。