HOMEブログModxModx リソースID別の表示切り替え 【表示スニペット】

Modx リソースID別の表示切り替え 【表示スニペット】

投稿日:2013年12月13日

modxの魅力の一つに、各リソース(ページデータ)毎に、デザインテンプレートが適用出来る機能があります。その機能を使って、ページ毎に微妙に違う表示をしていた方は、必見ですよ。

Modx リソースID別の表示切り替え 【表示スニペット】

以前書いた
Modx ユーザーエージェントによる表示切り替え 【表示スニペット】
の亜種です。

今回は、リソースIDを指定した、表示切り替えです。

modxの特徴の一つとして、リソースデータ(ページデータ)毎に違うデザインのページデザインテンプレートが適用出来る機能があります。
(多分この機能は他のCMSは殆ど無いと思うけど…)

この機能のおかげで、例えば基本レイアウトは同じで、サイドのナビゲーション部分の表示(レイアウト)が違うテンプレートなどで、バリエーションを持たせる。
などと言う方法もあります。

しかし、この方法だと、必要以上にデザインテンプレートが増えて、困るなんて事になりかねません。
そこで、今回のスニペットです。

今回のスニペットは、指定したリソースIDページに対して、表示・非表示をすると言うモノです。

ますはソースを見てください。

基本的に、スニペットなので、テンプレート内のどこに設置しても動作しますし、書き換えの内容もスニペット・チャンクの別を問わないので、使用範囲も幅広いはずです。

サンプルソース

<?php
  $pageid = $modx->documentObject['id'];
  if ( $pageid == '10' ) {
  echo '表示内容';
  }else {
  echo '' ; ←表示しない
  } ;
  ?>

ご覧の様に非常に簡単なソースです。

上記の場合だと、ページID10のソースの時に、指定した表示内容を表示します。
もちろん表示内容はチャンクやテンプレート変数でも可能です。

また、$pageid == '●,●…'部分は、半角カンマで区切って複数指定が可能です。

これ、単にデザインレイアウトのみだけではなく、HTMLヘッダーの読み込み等にも使えるので、かなり利用範囲が広いスニペットです。

覚えていて損はないスニペットですよ。

お問い合わせはお気軽に

この記事が面白いと思ったら、下のボタンをお願いします。

御社にとってのホームページとは何ですか。

横浜でホームページ製作を始めて、10年以上が経ちます。ホームページ制作会社は、横浜にも数多くありますので、私の様な個人で仕事をしている者へのお仕事依頼はなかなかありませんが、ご相談頂ければ、フットワークの良さと、フレンドリーで身近にお役にたつようなお仕事を心がけております。

ホームページ製作はもちろんのこと、DM製作やパンフレット等の紙媒体の製作も行なっております。

最近は、CMS(主にWordPress・modx)によるホームページ制作を主に行なっております。

直接お話をお伺い出来るエリアは、横浜市内および、横浜近郊の神奈川県。東京都23区の一部とさせて頂いておりますが、エリア外でも対応が可能ですので、まずは、お気軽にご連絡ください。